スペシャルなキスができるグッズ

■秘密の恋愛トレーニング
【オススメ】
恋愛力を磨くためのステップをわかりやすく説明してくれるPDF書籍。内容が驚くほど詰まっていて、恋愛カウンセリングを10回ほど受けた気分にさせてくれるほど目から鱗の情報満載!今だけ無料PDFでチラ見できるから、これだけでもGETする価値あり!!
今すぐチェック→ 「秘密の恋愛トレーニング」

■キス上手になれる美容液
男性の意見で一番多い「キスしたい唇」は「つやつやグロス感」だけど、本気キスするときに一番不評なのもコレ。我侭な悩みに答えてくれるリップ見つけました♪艶やかだけどサラッとしてて、何より唇で男性を魅了できる優れものなのだ♪
今すぐチェック→ キス専用美容液

■キスする前の最低限マナー
東急ハンズやロフトでも常にオーラルケア部門売上げベスト10にランクインする、口臭予防商品が勢ぞろいしています。一緒に起きた朝、口臭が気になる人は根本的な口臭対策が大切!口臭は男女共に嫌われる理由のbPだから・・・
今すぐチェック→ オーラルケア用品

■キス誘う魅惑女性のために
ブランド下着はもちろん、カワイイ下着、バストアップもセクシー系も!常時バーゲンもあるから掘り出し物の下着が見つかるかも♪キスだけで止まらないから、勝負下着も準備しておこうね☆
今すぐチェック→ 勝負下着で挑発

■キスの予感は胸元から?!
キュート&セクシーな服ならやっぱりイマージュが選びやすいですよ☆メールマガジンに登録するだけで1000円キャッシュバックがあるから、お得・・・
今すぐチェック→ イマージュストア

Wikipediaによる接吻(キス)の定義

百科事典によると、接吻(せっぷん)は、口づけ、キス(kiss)ともいい、愛情表現のひとつとされている。”人が互いに親愛の情を示すために唇で、相手の額や頬、唇などに触れる行為のこと”

西洋のキス事情

海外映画を観ていると、同性でも気軽にキスをしているシーンを目にしますが、これは親愛の情を示すためにキスする・・・とか。そう、西洋においては、触れる場所により、その意図するところもまた変わってくるんだそう。

・手の甲へー尊敬
・拳へーお願い
・頬へ―親愛の情
・額へ―挨拶
・唇へ―愛情(頬へのそれより更に親密である事の意)

これが一般的な見解だそうですが、ラテン、ゲルマン系の人達は
同性でキスすることに対しては異様に思えるらしい。
日本でも確かに、同性同士の親愛を意味するキスは珍しいもの。

お国事情によってキスの文化ってこれほども変わるものなのですね  

日本のキス

日本では元来、接吻というのは性行為と直結したものであったそうで
確かに、”キスだけでさようなら”って文化はもっていないかな・・・
(って、私だけ?!)

というのも、もともと”接吻”は性行為の前戯とほぼ同義で、
卑猥な意味を持たない「キス」が日本に入ってきたのは100年少し前の話。

ただし、キスという言葉が入ってきたのは文明開化以降、
それが接吻と和訳されたのが明治20年頃、
それまでは「口吸い」と呼ばれていた。

言葉のニュアンスからも卑猥な行為として認識されていたんですね。
でも、キスは動物学的にも親愛の情を示すためのもの。
大好きな気持ちを上手に唇に運びたいものですね♪  

キスの全てトップページに戻る


Copyright © 2005-2009 橘三姉妹の恋愛練習帖all rights reserved. 忘れられないキスのテクニック、姉妹サイト ディープキスで彼をとりこに